YRPワイヤレスIOTサービス
過去の実績紹介

株式会社横須賀テレコムリサーチパーク(㈱YRP)は、海外での使用を目的とした携帯電話機や車載器など移動体通信端末の開発を、日本国内で試験・開発していただけるネットワークシステムを「テストベッド」としてご用意し、海外のほとんどの携帯電話網で使用されている方式GSM/W-CDMA屋内試験環境を2008年に構築しました。2010年には日本初のGSM屋外試験環境 を構築しました。
携帯電話機メーカ様、チップメーカ様、自動車メーカ様、車載器メーカ様などにご利用いただき、2014年9月末でサービスを終了させていただきました。

また、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)様所有のLTE(FDD)、TD-SCDMA、TD-LTEを利用した海外向けのLTE対応端末のためのテストベッドサービスも2011年から2015年3月末までご提供しました。

試験環境のご提供に加え、無線エンジニアの人材育成への貢献として「 IOTエンジニア育成研修」を2011年から2015年3月末まで、そして、お客様の利便性や効率的な試験実施を目的に、弊社エンジニアがお客様に代わり端末試験を行いその結果をレポートする「 レポートサービス」を2011年から2015年3月までご提供して参りました。

これまでご提供させていただきました上記のテストベッドサービスの詳細を各ページでご紹介させていただいておりますので、ご覧いただければ幸いです。

設備

GSM/W-CDMA(Nokia社製)
基地局、交換局等が納められているコンテナ

Picture space

シールドルーム
広さ約6畳程度で、電波が外部に漏れないよう
密閉された試験室。

Picture space

GSM屋外試験環境
屋外でGSMの電波を発射できる環境を、YRPエリア内の周回道路(600㍍)に構築。
端末を移動させながらの試験実施を可能とさせました。

Picture space


               NICT様所有のLTE(FDD)、TD-LTE、TD-SCDMA

LTE(FDD)Picture space

TD-LTEPicture space

TD-SCDMA

Picture space
運用実績

2008年9月~2011年3月 総務省「ユビキタス特区事業」としてGSM/W-CDMA試験環境提供 
2011年4月~2014年9月 GSM/W-CDMA IOTサービス提供
2011年5月~2015年3月 LTE(FDD)/TD-LTE/TD-SCDMA IOTサービス提供  

ご利用いただいた分野
通信モジュール    自動車       カーナビ     携帯電話    コンテンツ     建機
イメージ