YRP Wireless IOT Service
ERA-GLONASS  PSAPユーザオペレーションサービス

本サービスは、お客様ご自身で直接PSAPを操作いただき、ERA-GLONASS試験要件となる GOST-R 55530、
GOST-R 55533に基づいた試験を実施頂けるサービスとなっております。
IVEあるいはIVSが問題なく緊急通報を開始しているか、正しいMSDが転送されているか、 PSAPと音声接続が
確立されているかをご確認いただくことが可能となり、 お客様ご自身でPSAPを操作いただくことで、効率的な
試験実施をご期待いただけます。
※音声通話試験時の受話受付は、弊社に設置しておりますIP Phoneで対応をさせて頂きます。

ロシアで試験される前の事前確認用として、本サービスをご利用いただければ幸いです。

※㈱横須賀テレコムリサーチパークは、本サービス実現に当たり、ロシアで「ERA-GLONASS」を推進し、ERA-GLONASS Test PSAPを管理・運営している団体「GLONASS UNION」と技術協力に関する覚書(MOU:Memorandum of Understanding )を締結しております。

構成図

1. YRP ERA-GLONASS対応 PSAP を接続した場合

1. YRP ERA-GLONASS対応 PSAP を接続した場合
 

2. GLONASS UNION提供のTest PSAPを接続した場合

GLONASS UNION提供のTest PSAPを接続した場合
実施可能試験項目※1
No. 項目名 1 2 備考
1 Transmission of MSD by in-band modem  
2 Transmission of MSD by SMS

 

3 Transmission of MSD with RTA data  
4 Transmission of acceleration profile data  
5 Transmission of vehicle movement path data  
6 Setting IVS configuration parameter ※2
7 Power on and self test ※2
8 Emergency call automatically activated  
9 Emergency call manually activated  
10 Set-up TS11 call to test number  
11 Verification of MSD contents  
12 Establish voice link to PSAP ※3
13 Callback allowed/ answered by IVS  

※1 実施可能な試験項目は、変更になる可能性がございます。
※2 TS11による発信となります
※3 GLONASS UNION提供の Test PSAPをご利用頂いた場合、Test PSAPからの音声ガイダンスの再生のみとなります。

主なご利用条件
  1. ご利用お申込み時には、PSAPのWeb InterfaceにログインするためのUsernameとPassword、並びにご利用マニュアルを弊社からご案内申し上げます。
    ログイン後、お客様ご自身でOperation Console上でTest Case等を設定いただきますようお願い致します。
    また、試験結果のログ解析もお客様ご自身で実施いただきますようお願い申し上げます。

  2. 本試験に使用するSIMカードはお客様でご用意いただき、それに関わる通信費用はお客様がご負担願います。

  3. 本試験ご利用の際には、NDAを締結させていただきます。

  4. GLONASS UINON提供のTest PSAPをご利用頂く場合のみ、GLONSS UNIONから利用報告の提出を義務付けられております。つきましては、本サービスご利用の際は、試験情報を弊社にご提供いただき、これらの情報は弊社からGLONASS UNIONに報告させていただきますことご了承ください。なお、試験情報以外の情報(お客様名など)は報告致しません。
ページトップへ戻る